フラット35とフラット35Sを比較すると?

住宅を建てる際に全額資金を用意できる人はほとんどいませんので、住宅ローンを利用することが大半のことでしょう。
住宅ローンと一言に行っても、変動型や固定型と様々です。
フラット35という言葉も見聞きしますがどのようなものなのでしょう。
フラット35は、契約当時に定められた金利がずっと変動することがないので、返済終了まで返済額が確定しており、人生設計を建てやすいというのが特徴の商品です。
通常借り入れ時に必要となる保証料や保証人が、「フラット35」では一般的には不要であり、返済中に繰り上げ返済などをおこなっても手数料がかからないというメリットもあります。
ただし、フラット35を利用する条件があり、一つは物件検査を受けて住宅金融支援機構が定めた住宅の断熱性・耐久性等の技術基準をクリアする必要があります。
申し込んだ際に、フラット35の基準よりも更に省エネルギー性・耐震性などに優れた住宅を取得する場合にはフラット35Sという金利を一定期間引き下げる制度も利用できます。