光プロバイダーhi-hoとDTIを比較しました

マンションタイプでは、プロバイダー月額基本料金が714円で、221円安くなっています。
では、取次ぎサイトの価格.
comを利用して、キャンペーンを適用したらどうなるかというと、DTIでは、光回線の戸建タイプを利用する場合、42,719円の割引が適用され、割引額はhi-hoより8,954円多くなっています。
これによって、初年度の実質月額利用料金も2,233円と、1,008円も安くなります。
高速モバイル通信で見てみても、DTIは22,880円の割引となり、割引額は7,930円も多くなっていて、初年度の実質月額利用料金も、1,973円と844円安くなります。
プロバイダー月額基本料金4か月分は5,040円なので、合計で28,040円の割引となります。