住宅ローンの借り換えの相談はどこで?

住宅ローンの金利負担を少しでも軽減したいという人は、借り換えを検討することがあります。
その場合には、インターネットのホームページなどで試算もできますが、銀行の窓口で相談することが望ましいです。
平日は仕事が忙しくて銀行に行けれない人を対象に、休日相談会などを開催している銀行もあって、土日に住宅ローンを専門に受付をしています。
土日でなければ、落ち着いて銀行を訪れることができない人にとっては便利です。
窓口であれば、何とか借り換えのメリットが出るように工夫をしてくれます。

登記費用や収入印紙代は節約できませんし、返済する銀行の繰り上げ返済手数料も減額は期待できません。
結局は、諸費用をカバーできて借り換えのメリットが出るような金利を適用することが全てになります。
銀行は住宅ローンの顧客獲得に注力していますので、金利については柔軟に対応しています。
窓口で相談することによって、特別な金利を適用してもらえる場合もあるのです。