家庭用脱毛器を使う場合は毛周期を考慮するといい?

脱毛に関する悩みは尽きないと思います。
毛の濃い人なら特に、いくら脱毛をしても次の毛がいくらでも生えてきますよね。
エステでも家庭用脱毛器でも、脱毛するにあたっては、毛周期というものを考慮に入れなければいけません。
毛周期とは、毛が成長してから抜け落ちるまでの一連のサイクルのことを言います。
それは3段階に分かれておりそれぞれの時期によって脱毛の有効性が違ってきます。
まず、成長期です。
これは、新たな毛がどんどんのびて、成長していく時期のことを表します。
次が退行期で、毛の成長がストップする時期のことです。
最後が休止期で、毛が抜け落ち、新たな毛が作られるための準備期間になります。
このうち、どのタイミングでエステや家庭用脱毛器で脱毛をすればよいのでしょうか。
普通に考えると、成長が止まった時期に毛を抜いてしまうのがいいと考えがちですが、実はどんどん毛が伸び続けている成長期こそ、脱毛には絶好のタイミングになります。
しかし、もちろんこの毛周期を厳密に把握しておくことなど不可能ですが、レーザー脱毛においては特に、2ヶ月に1度ぐらいのペースで処置をするのが自然であるとされています。
その間に無理に毛を抜いてしまったり、また肌が日焼けしてしまったりすると次の処置に悪影響がありますから、注意が必要です。
さらに言うと、この時期の余計な処置は脱毛の効果自体を半減させてしまい、さらに2ヶ月待たなくてはならなくなるので、余分に時間がかかってしまう、ということを覚えておきましょう。
もちろん、毛周期には個人差がありますから、一概には言えません。
ですが、永久脱毛をするには総じるには、脱毛エステや家庭用脱毛器でも1年ぐらいのスパンで考える必要があります。