プロバイダ乗り換え価格は比較して決める方が良い?

プロパイダの乗り換えを検討している方の中には「できるだけ経費を抑えたい」と考える方も多いことでしょう。
インターネットを楽しむのはいいけれど、月額料金が高いプロパイダもありますので、できる限り諸経費を抑えるために月額料金や乗り換えに掛る費用なども比較して乗り換え検討を始めましょう。
特に、光回線を利用する際にはNTT東西の光回線利用料のほか、各プロバイダが提供している光回線サービスへの月額利用料が発生します。

光回線の利用料は、NTT東西の差はありますが、光回線に加入している方は、すべ一律料金での請求になります。
各プロパイダの光回線サービスでは、サービスの質などに月額利用料が左右されたりすることもあるようです。
気になったプロパイダは、月額利用料を抜き出し、まず比較を行いましょう。
なぜ「2年間」としたかという理由は、「一定期間月額料金無料の適用を受ける代わりに、2年間(最大24カ月)契約することを約束すること」というような約束事を出しているプロパイダもあるからです。
光回線で月額料金525円は他のプロパイダの半額以下の金額を設定しています。
価格だけでプロパイダを決めるのも一案ですが、中にはアクセス障害が発生するサイトもあることを考えましょう。